川柳山鳩吟社

 川柳山鳩吟社は、昭和54年に産声を上げ今年で結成38年になります。その間色々なことがありましたが、良く続いているものです。現在部員は4名で活動中です。毎月1回席題3句・自由吟3句の作品を提出していただき、毎月小冊子「山鳩」を発行しています。平成28年12月号で452号になりました。過去昭和62年秋に発刊100号を記念して記念誌を発刊しました。又、平成18年春には発刊300号を記念して記念誌を発刊しました。

 川柳は時には世相の風刺や批評だったり、さりげなくサラリと言ってのけた句体から、深い奥行きや広がりを感じさせる言葉、自然のユーモアでじわりと湧いてくる笑いの句楽しいですよ。

 それでは最近の作品を紹介いたします。

 

席題   「 食 」

 

 

         ● せわしなく食べる駅そば懐かしく          笠井  哲夫

 

         ● 食い扶持に四苦八苦の暮らしぶり          上田  尚一

 

         ● 賑やかに食卓かこむバースデー             岩松  良典

 

         ● 食物の安さを探す列が出来                   深沢  晴雄

 

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

(必須)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

文化協会の活動

総合文化祭

各部会の活動

最近のコメント