* *
事務局:身延町教育委員会
山梨県南巨摩郡身延町常葉1093

大正琴

003

 

 基礎を大切にしています 

曲を楽しむのはもちろんですが、さくら同好会のモットーは「基礎を大切に」です。譜読みやリズム練習をきっちりとおさらいします。経験がなくても大丈夫、明るい雰囲気の中で個々に合ったお稽古をしています。
一人で弾くよりみんなと一緒に合わせると、楽しさが違います。


 幅広い音楽を楽しめるのが大正琴の魅力 

この日の練習曲は長唄「小鍛冶」、童謡「おもちゃのチャチャチャ」。
ゆっくりのテンポからだんだん速く弾き、難しいフレーズは何度も繰り返して練習します。1音1音大切に作り上げていく感じがしました。
ジャンルを問わず様々な音楽を気軽に楽しめるのが、大正琴の魅力だと皆さん仰っています。

●メンバーの皆さんのお声です・・・。  
自分の好きな時に練習できていいの。無理のないボランティア活動に参加できて、地域との関わりが深まった気がします。
地元で子育て、親の介護、勤めなどをしながら続けています。趣味で生きがいをもつことができて楽しいわ。
弾けるようになってくると、楽しくなってきます。趣味を通じて仲間も増えますよ。

2015年1月5日 音色に惹かれて(西嶋琴友会)

 昭和の初め、私が学んだ小さな村の小さな小学校には、根津嘉一郎氏寄贈のピアノ一台と、オルガン一台がありました。  子ども達は、触れることも、周りで遊ぶことも許されませんでした。当時は、学校においても、家庭においても、社会においても全く音楽環境は整っていませんでした。  そんな時代を生きて来た私達は、一様に楽器に対する憧れを抱いておりました。  そして出会ったのが大正琴...

2014年11月28日 琴友会4部

 私達のサークルは琴友会といいます。  月2回の練習を下部地区公民館で、午前中に行っています。  懐かしい昔の曲や歌謡曲、演歌とさまざまな曲に挑戦しています。  活動としては、主にデイサービスに行って演奏をしています。  懐かしい曲を弾くと、一緒に歌ったり、体を動かしたりと、会場がとても盛り上がり、みんなが楽しそうで、笑顔が特に良く印象に残り、習っていてよかったと感...

2014年11月26日 ふじの実会

 私達「ふじの実会」は、平成25年9月、山梨県で開催されました「国民文化祭・大正琴の祭典」に出場したメンバーで結成されました20名程の会員の会です。  毎月第1月曜日と第3月曜日の午後、西島公民館をお借りし「河西弘志先生」の指導のもと、テンポの速い曲や長い曲にも挑戦し、上手に弾けるよう日々勉強しています。  26年度文化祭終了後は、会員全員で公民館の掃除と反省会を行い、...